法道院(主管・八木日照総監)のチラシにみる宗門のお粗末な勧誘

世相閻魔帳⑳「顕正新聞」令和3年11月15日号

 先日、ある顕正会員の自宅に「幸せな人生を築くための『心の支え』」という怪しげなチラシが投函された。タイトルからしていかにも胡散臭い。
 この邪教のチラシと見紛う代物こそ、宗門末寺「法道院」(東京都豊島区)が信徒獲得のために作成して広くバラ撒いている同寺院の勧誘チラシだというから恐れ入る。
 「法道院」の主管(住職)は宗門の「能化」で「総監」の八木日照、早瀬管長に次ぐ〝宗門ナンバー2〟の御仁だ。
 以下、八木が法道院所属の法華講員にバラ撒かせている勧誘チラシ等を紹介しながら、宗門のお粗末な勧誘実態を見てみたい。

法道院の勧誘チラシ

 法道院の勧誘チラシには「幸せな人生を築くための『心の支え』」「悩んでいませんか?」とデカデカと印字され、次のような勧誘文句が並んでいる。
 「頑張っても結果がついてこない。人間関係がうまくいかない。毎日の生活がつらい。先祖供養を正しくしたい。将来や老後が心配だ。自分の後、墓地を守る家族がいない。悩み苦しみの原因と、それを解決する方法について、僧侶よりお話させていただきます。お気軽においで下さい(無料)」と。
 頑張っても結果がついてこなかったために「八十万体勢」構築に失敗し、事あるごとに法華講員から供養をむしり取って彼らの毎日の生活をつらくさせ、将来や老後の心配までさせている〝諸悪の根源〟たる宗門の僧侶に、「悩み苦しみの原因と、それを解決する方法」など分かるはずもないが、それは措く。
 言わずもがな、日蓮大聖人こそ、末法万年尽未来際の全人類を、三大秘法という根源の仏法を以て、現当二世にお救い下さる、実に久遠元初の自受用身、末法下種の主・師・親、大慈大悲の御本仏であられる。
 しかるに法道院は、世間受けを狙って日蓮大聖人の御名と大恩徳を敢えて隠し、日蓮大聖人の仏法を「心の支え」などという極めて低次元なものに貶めて世に宣伝しているのだ。
 これ大聖人様の仏法を愚弄する所為に他ならず、摧尊入卑の極みであり、断じて許されない。

各末寺の勧誘実態

 ちなみに、法道院は公式サイトでも「ここで見つけた明日の私」「信じていたのは、生命のちから」などと意味不明なことを謳っている。ポエムのような言い回しが実に気味が悪い。
 その他にも法道院は「Japanese Language Class」(日本語教室)とのタイトルで「Let's pleasingly practice Japanese language together with confidence」
(みなさん自信を持って、一緒に楽しく日本語を勉強しましょう)と書かれたチラシをバラ撒いている。日本語に不慣れな外国人を寺に誘い込み、日本語を教える口実で入信させているようだ。
 宗門ナンバー2の「総監」の寺がこの為体、いかに況や他の寺院においておや。
 参考までに各末寺が勧誘のために作成してバラ撒いているチラシを少しだけ紹介する(左下写真参照)。
 これらのチラシをみれば一目瞭然であるが、各末寺は法道院と同じく、日蓮大聖人の御名と大恩徳を敢えて隠し、「茶話会」、「大道芸(ジャグリング)」、「AED体験」、「人生セミナー」など、およそ仏法とは関係のない催しをエサにして誰彼構わず寺に誘い込み、それを勧誘成果に繋げようとしているようだが、法を下げるにも程がある。
 「僧侶」を生業とするために出家した禿人には、身命にも及ぶ流罪・死罪の大難をも耐え忍ばれて全人類成仏の道を踏みあけて下さった大聖人様の大慈大悲、国を救わんと身命を賭して三度の諫暁をあそばされた「法を知り国を思うの志」など露程もわかるまい。
 だからこそ、第六天の魔王その身に入りし池田大作に諂い御遺命違背に加担し、学会と抗争に陥るや仏敵・身延派とも連携し、今や戒壇の大御本尊様を「営利の具」とし奉ることができるのだ。
 このように腐敗堕落した宗門には、もはや広宣流布を口にする資格もなければ、それを成す力もない。
 所詮、現在の宗門が法華講員に鞭を打って行わせている勧誘活動なるものは、無道心の禿人どもの〝食い扶持稼ぎ〟でしかないのである。
 松野抄にいわく
 「受けがたき人身を得て適出家せる者も、仏法を学し謗法の者を責めずして徒に遊戯雑談のみして明かし暮さん者は、法師の皮を著たる畜生なり。法師の名を借りて世を渡り身を養うといへども、法師となる義は一つもなし。法師と云う名字をぬすめる盗人なり。恥づべし、恐るべし」と。
 後生を恐れるべきである。(天皷)