「欠陥議員」杉田水脈の「製造物責任」と「使用者責任」を問う

世相閻魔帳60「顕正新聞」令和5年1月15日号 昨年12月度総幹部会の席上、浅井先生は在日コリアンやアイヌ民族に対し下劣極まる差別発言を繰り返す杉田水脈(自民党安倍派の衆院議員)が総務政務官に抜擢されていることに言及された(その数日後、岸田首相は…

安倍・自民党と「電通」の癒着構造(3)

世相閻魔帳58「顕正新聞」令和4年12月15・25日合併号 今回は安倍晋三が「憲法を改正して日本を『神の国』にする」という野望の実現を目指す過程で、国内最大手の広告代理店「電通」にナチスドイツで宣伝省大臣としてプロパガンダを管轄し大衆をナチス支持に…

安倍・自民党と「電通」の癒着構造(2)

世相閻魔帳57「顕正新聞」令和4年12月5日号 日本最大手の広告代理店「電通」の元専務・高橋治之(組織委員会元理事)によるIOC委員らへのロビー活動(働きかけ)と多額の賄賂、そして安倍晋三が全世界に向けて発信した「アンダーコントロール」の大ウソな…

安倍を喪い凋落著しい日本会議

世相閻魔帳53「顕正新聞」令和4年10月25日号 安倍晋三の横死以降、「反日カルト」「反社会的邪教集団」というべき統一教会による政界汚染の実態や安倍とのズブズブの関係がクローズアップされているが、統一教会と同じく政界に深く食い込み、統一教会以上に…

汚点として歴史に刻まれた「安倍の国葬」

世相閻魔帳52「顕正新聞」令和4年10月15日号 本年9月27日、国民の約6割が反対する中、安倍晋三の「国葬」が日本武道館で実施された。 国葬に法的根拠が無いとか、費用が高額という点を強調して反対の声を上げる人が多く見られたが、そもそも安倍は悪政の…

橋下徹と維新は安倍の補完勢力

世相閻魔帳㉜「顕正新聞」令和4年3月25日号 近年、日本維新の会の創業者である橋下徹のメディア露出が甚だしい。昨年1年間のテレビ出演回数は250回超というから驚きだ。 橋下と言えば、「2万%出ない」と断言していた大阪府知事選(平成20年1月)に…

一億円もの血税で安倍晋三を守った国の卑劣

世相閻魔帳㉕「顕正新聞」令和4年1月15日号 森友問題で公文書の改ざんを強いられた近畿財務局職員・赤木俊夫氏の妻である雅子さんが国を相手取って一億一千万円余りの損害賠償を求めた裁判で、令和三年十二月十五日、国は徹底抗戦の構えを一転させ、雅子さん…

リコール署名偽造事件の闇に蠢くもの

世相閻魔帳⑥「顕正新聞」令和3年6月15日号 本年五月十九日、愛知県警は、大村秀章・愛知県知事のリコール署名運動を行った団体(会長は「高須クリニック」院長・高須克弥)で事務局長を務めた田中孝博容疑者ら四人を地方自治法違反(署名偽造)の疑いで逮捕…

「赤木ファイル」攻防戦にみる国のウソと不誠実

世相閻魔帳④「顕正新聞」令和3年5月25日号 本年五月六日、国は「森友事件」で改ざん作業を強要され、自殺に追い込まれた近畿財務局の赤木俊夫氏が〝改ざんの過程等を時系列にまとめた文書〟、通称「赤木ファイル」が存在することを認め、これを裁判所に提出…

「再々登板」企み蠢動する安倍前首相

世相閻魔帳③「顕正新聞」令和3年5月15日号 四月以降、害虫の孵化に符節を合わせるように安倍前首相が蠢動し始めている。 ・四月八日、極右団体「日本会議」の母体とされる邪教「生長の家」の教祖を信奉している「稲田朋美」が会長を務める自民党の保守系グル…